投稿日:2022年4月6日

屋根塗装の劣化を放置すると起こることとは?

こんにちは!大阪府藤井寺市に事務所を構え、松原市などの近畿一円で塗装工事業者として業務を行っております、絆建装です。
「屋根塗装の劣化を放置するとどのようなことが起こるの?」
このようなご不安を抱える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は「屋根塗装の劣化を放置すると起こることとは?」をテーマに設定し、具体的な解説を行います。
ぜひ、最後までご覧ください!

屋根材劣化の原因になる


塗装の劣化が進んだ屋根材は、非常に壊れやすい状態になります。
屋根は常に天候の影響を受けておりますので、塗装の劣化が進み耐久性や防水性が弱まった屋根材は少しの衝撃や雨風の影響により、ひび割れや破損するケースも珍しくはありません。
そのため、屋根塗装の劣化を放置するのは、リスクが高いといえるでしょう。

雨漏り

塗装の劣化が進んだ屋根材は防水機能が低下します。
そのため、雨漏りの原因になる可能性もあるのです。
雨漏りが発生してしまうと建物内部への水の侵入はもちろん、電気系統に異常を発生させる恐れもあります。
これらの被害を未然に防ぐためにも、屋根塗装の劣化を放置せず、早めの対処を行いましょう。

害虫による被害も?

屋根塗装の劣化により、屋根材にひび割れや欠損が発生するというのは先述の通りですが、そのひびや欠損部分から虫が浸入するリスクも高まります。
住宅の耐久性を著しく低下させる害虫も多く存在します。
害虫は少しの隙間でも侵入してくるため注意が必要です。

屋根塗装のことなら絆建装にお任せください!


絆建装は、近畿一円の戸建て住宅・商業施設などで塗装工事を行っています。
外壁塗装や内部塗装、屋根塗装や塗り替えからアフターフォローまで、幅広いご依頼を請け負っております。
ここまで、屋根塗装の劣化を放置することで起こることをテーマに情報をお届けいたしましたが、いかがでしたか?
屋根の上はなかなか見る機会ない場所ですが、お手入れをしないまま放置していると、屋根材の劣化を早め、雨漏りの原因や害虫被害にもつながります。
これらを未然に防ぐためにも、定期的なメンテナンスをご検討ください。
塗装に関してお困りのことがございましたら、ぜひ絆建装までご相談くださいませ。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

絆建装
〒583-0008 大阪府藤井寺市大井3丁目12-6-3F
電話:070-1053-3071 FAX:072-944-1464

この記事を書いた人

カテゴリー

関連記事

大阪市 T様邸 屋根・外壁塗装

大阪市 T様邸 屋根・外壁塗装

施工箇所 外壁・屋根・シャッター・その他付帯箇所 施工内容 外壁塗装・屋根塗装・付帯箇所塗装 大阪市 …

教えます!外壁塗装の重要性

教えます!外壁塗装の重要性

こんにちは! 絆建装です。 弊社は大阪府藤井寺市を拠点に、松原市をはじめ一円にて近畿外壁塗装工事や塗 …

羽曳野市 K様 塗り替えさせて頂きました。

羽曳野市 K様 塗り替えさせて頂きました…

施工前 施工後 アクセントのネイビーも気に入って頂き、良かったです! 完了後のアンケートでは、嬉しい …